潰瘍性大腸炎(UC)とイロイロ(ほぼ365日3食の記録)*
2009年に潰瘍性大腸炎になりました。
食べる事、お酒、旅行大好きです!
寛解と再燃を繰り返しているので自分の生活を見直すつもりで
できるだけ365日3食の食事をUP(献立は微妙&手抜き)
'08 11月 お腹壊してインドから帰国→放置 '09 1月 痔と診断
'09 5月 UCと診断される。
'10 11月頃 再燃(2回目)
'11 7-8月頃 再燃(3回目)
'12 3月頃 再燃(4回目)
'12 9-11月頃 再燃(5回目)
'13 2.3月 再燃はしてないけどずーっと軽い炎症が有る模様
'13 6末 軽い血を確認 再燃(6回目)
'14 4末 出血 再燃(7回目)
'14 9末 出血 再燃(8回目)
'15 6末 出血 再燃(9回目)
'16 10末 軽い出血 再燃(9回目)
'17 3中 軽い出血 再燃(10回目)
'18 7末 出血・水便 再燃(11回目)
('11 7月からは注腸が処方されなくなるとすぐ炎症を起こす、の繰り返し)
'19 3-5月 出血 切迫便意 再燃(12回目)

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
<野菜について> 140610 林修の今でしょ!講座 23:13
いつも自分で買って料理する野菜は決まっているので野菜が偏るって常々思っています。
以前ちょっとまとめたことがある
なので、野菜の番組をテレビでやってると思わず観てしまいます。
順番めちゃめちゃだけどまとめです。


<若返り効果があるもの>
・肌の老化を防ぐ:ビタミンC(コラーゲンの生成しみ予防)が多い野菜。
水菜 ブロッコリー ほうれん草

・血管の衰えを防ぐ:クルセチンが多い野菜。
玉葱 水菜 ブロッコリー ほうれん草



<疲労回復、夏ばてには>
ビタミンB1
枝豆に多い(ニンニクよりも多い)トウモロコシ ピーマン



<むくみには>
カリウム
おかひじき(カルシウムも豊富)



<便秘には>
食物繊維不足

<骨粗しょう症には>
カルシウム不足

便秘、骨粗しょう症に
アピオス(マメ科)
ジャガイモとの比較 鉄4倍 食物繊維5倍 たんぱく質3倍 カルシウム30倍



<メタボリックシンドロームには>
黒トマト(ブラックトマト、ブルートマト):アントシアニン リコピン
アントシアニンは内臓脂肪の蓄積を抑える可能性がある。
リコピンは油と一緒に採ると吸収率が上がる。


<悪性貧血>
ビタミンB12 肉や魚にしか含まれていない
→最新野菜 マルチビタミンB12かいわれ 10gほどで一日の摂取量が採れる。




<豆知識>
・野菜は5分かけてゆっくり食べると血糖値が上がり難い。

・糖質が多い野菜は寝る前に取ると血糖値が上がりにくい。(芋、南瓜、トウモロコシなど)

・セカンドミール効果
 朝食物繊維が多い食事(オクラ 牛蒡 モロヘイヤなど)を採ると 昼も血糖値が上がりにくい

・糖質が高いものは冷やして食べた方が血糖値が上がり難い。

・オリーブオイルはビタミンAの吸収を助ける。

トマトはオリーブ油と一緒に食べると吸収率が上がる。

ビタミンA D E Kは油と一緒に採ると良い。(人参南瓜、、、)  

・野菜は5分かけて最初に食べると血糖値がゆっくり上がるのでしわ予防にもなる。

・レモンよりもビタミンCが多いのは赤ピーマン(緑のピーマンよりも5倍以上)

・夕方に収穫したものよりも朝に収穫したものの方が栄養がある。
 夜に糖分を溜め込み、昼間糖分を使う為。

白菜キャベツも外側の部分が内側よりも栄養がある。外側→芯→中間の順番。

人参も皮の部分に食物繊維、ビタミンAが豊富。
 芯部分が細く周りの色の濃い部分にカロテンが多い。

・ヘタが乾いている南瓜の方がおいしい。
 収穫してから1w〜1ヶ月ぐらい保存することで完熟する。

・水に沈むトマトの方が糖分が多い。
 ヘタの反対側の方(おしり側?)の筋がはっきりしている方が甘いトマトである。
 室温20度以上で放置すると、完熟して甘くなる事もある。

・野菜の栄養は細胞壁の中に入っているので、
 よく嚙んで細胞壁を壊さないとそのまま出てきてしまうことがある。

カルシウムが多い野菜:おかひじき ルッコラ 水菜 ほうれん草

・鰹節、昆布にはカルシウムの吸収を助けるマグネシウムが多く含まれている。
 おかひじき ほうれん草を茹でて鰹節をかけると吸収されやすくなる。

ほうれん草の旬(冬)には旬の時期はビタミンCが三倍になる。
 大概、花を咲かせる前。

芋類は皮のまま茹でるとビタミンCが壊れ難い。

・生で食べた方が効果的な野菜
 キャベツ ビタミンUキャベジン 胃腸を健康に保つ)

・加熱すると沢山食べられるので食物繊維を沢山食べられる。

白菜は新聞紙でくるんで立てて保存。
 真の部分をくりぬいておくと成長しないので栄養が失われず長く保存できる。

林檎ジャガイモを一緒に保存すると発芽し難い

枝豆は茹でて冷凍保存するのがいい。糖分がどんどん失われていく。

キャベツトマトを一緒に保存すると腐りやすい。
 トマトは野菜を腐らせるエチレンガスを多く出す。

大根は葉っぱに栄養がいってしまうので切って別々に保存。

・今食べてる野菜の90%は外国から来たもの。
 日本に初めて来た野菜(紀元前) 蓮根
(日本に元からある野菜はぜんまいなどの山菜だけって以前聞いたことがある。。)



以上です。
色んな野菜食べるように頑張ろう!


 
| 野菜について | comments(0) | trackbacks(0) | posted by どんぐり - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
スポンサーサイト 23:13
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>