潰瘍性大腸炎(UC)とイロイロ(ほぼ365日3食の記録)*
2009年に潰瘍性大腸炎になりました。
食べる事、お酒、旅行大好きです!
寛解と再燃を繰り返しているので自分の生活を見直すつもりで
できるだけ365日3食の食事をUP(献立は微妙&手抜き)
'08 11月 お腹壊してインドから帰国→放置 '09 1月 痔と診断
'09 5月 UCと診断される。
'10 11月頃 再燃(2回目)
'11 7-8月頃 再燃(3回目)
'12 3月頃 再燃(4回目)
'12 9-11月頃 再燃(5回目)
'13 2.3月 再燃はしてないけどずーっと軽い炎症が有る模様
'13 6末 軽い血を確認 再燃(6回目)
'14 4末 出血 再燃(7回目)
'14 9末 出血 再燃(8回目)
'15 6末 出血 再燃(9回目)
'16 10末 軽い出血 再燃(9回目)
'17 3中 軽い出血 再燃(10回目)
'18 7末 出血・水便 再燃(11回目)
('11 7月からは注腸が処方されなくなるとすぐ炎症を起こす、の繰り返し)
'19 3-5月 出血 切迫便意 再燃(12回目)

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
主治医が見つかる診療所 2012.06.17 09:54
 

免疫力UPスペシャルでした。 ⇒公式サイト
動画じゃなくてすみません.

     ・・・私は花粉症だし、UCも免疫異常の病気だよな、と思って思わず見てしまいました。
     ばっくりと、気になったところだけ抜粋です。
     自分の感想も入れてるのでうざかったら飛ばしてください。

いわずと知れたNK細胞(ナチュラルキラー細胞)は年齢と共に弱くなります。
免疫細胞は8割りはそれぞれの目的(風邪やインフルエンザなど)に対する物で
残りの2割はナチュラルキラー細胞だそうです。
このNK細胞を活性化させることが免疫力UPに繋がる、との事でした。
花粉症などNK細胞が入ってきた異物に過剰反応するから起こると言われています。
   


免疫学の世界的権威:奥村医師の生活
いいかげん健康法

・朝ご飯  
 ヨーグルト 100g  ミニトマト 3つ  苺 1つぶ  グレープフルーツ 1/4ぐらい 
 あとはホットコーヒーだった気がします。
 
 ※乳酸菌は腸内環境を整えるのに良いと言われていますが、人によって適量が異なるので
  食べ過ぎると下す人もいるので、自分の適量を知ることが大切だそうです。
  一度に沢山食べるより、毎日少しずつ摂る方がいいそうです。
 ※ビタミンCもNK細胞に良いそうですが、体内に取り込んでから2-3時間で無くなってしまうので
  こまめに摂った方が効果があるそうです。


・駅まで 10分徒歩。
 走るとNK細胞がすごく活性化しますが、運動をやめると急激に下がります。(落差が激しい)
 歩くと少し活性化して、少し下がります。(落差が少ない)
 歩きで一番下がった時の数値は、走って一番下がった時の数値よりも高いです。
 毎日歩く事が大切だそうです。


・昼ごはん
 鉄板焼き 牛肉 150g(何処の部位だっただろ?多分ヒレとかだと思う。赤身だった)
 きのこ、目玉焼き など。

 ※体が求める物を食べるのが体に良い!そうです。。。(・・・そんなんしたら私太っちまうよ)
  食べたい物を我慢する方がストレスが溜まって免疫力が低下するので
  好きに食べる方が良い!!
  食事のバランスは考えない!!  
     ・・・ってなんて力強いお言葉!!常にこの葛藤でいつもストレス溜まってるわ!
     いやしかし、UCで避けたほういい食べ物もあるし、
     思いのままに食べてたら一日中食べ続けてしまうので、私には向かない。

 ※この方は、食べたい物を食べるそうなので、一日に卵 7〜8個食べるそうです。
     コレステロールとかどうなんだろ・・・?

 ※きのこもいいそうです。たしか椎茸食べてました。
     きのこは食べないから興味ないのでおぼろげ。。。


・夜ご飯
 外で会食。牛肉食べてました。
 お酒:白ワイン、赤ワイン 各2杯  焼酎 1杯
 
 ※毎日少しずつのお酒は免疫力UPに繋がるそうです。
  飲みすぎはNG


奥村医師の生活を他の医師が判定した結果、
☆1つよりの2つが一番多かった。
あまり、人に勧められる生活ではないそうですwww 確かに。
ですが勉強になったことが1つあって、それは
「免疫力UPにはたんぱく質が必要」
     …私はたんぱく質を食べるのを忘れてしまうので気をつけようと思いました。
     しょっちゅう炎症起こすので、たんぱく質少ないのも原因なのかな?
     いやいや、免疫細胞の過剰反応なら少し働かないでくれてもいいのかな???
     よく解りません。



免疫学の世界的権威:安保医師の生活
気迫健康法

・ウォーキング、ランニング、日本海で泳ぐorバッティングセンターで運動
 後ろ向きに歩いたり、バッティングセンターでは右打ち左打ちをしていました。
 右脳左脳、左右の筋肉を同じように鍛える為だそうです。

 ※体温が高い人のほうが免疫力が高いそうです。
 ※風邪やインフルエンザは体に良いそうです。
  免疫力UPのチャンスで、ウィルスとリンパ球の戦いで強くなるそうです。


・朝食
 玄米 味噌汁 焼き魚 漬物 冷奴
 
 ※塩分は活力の元。血圧高い人のほうが気迫がある!
  塩分なんて気にしないそうです。


・仕事中に軽い運動
 上半身中心に。
 理由は上半身と脳は 上行大動脈で血流支配されてるので脳の血流が増えて良いから。
 手先を使う人が年をとっても頭がしっかりしているのと同じ理由との事です。


・お昼ごはん
 玄米 豚肉 魚 火を通した野菜 ひじき サラダ 漬物 デザート(兎に角色々すこしづつ)

 ※食べるのが早い(奥村医師も食べるのが早かった)
  交感神経が優位になる⇒気迫。
  ゆっくり食べる人は、穏やかな性格の人だそうで、
  阿保医師は気迫を大切にしているので早食いしてそのままの気迫で仕事に取り組むそうですw


・爪もみ(よくある免疫力UPのためのです)


・PM5:00 仕事が溜まっていてもやめる。


・夜ご飯
 お酒、おつまみ少し(ほんとに少し)


・PM8:00 就寝
 

☆は2.3
気迫(気合)が大切というのが評価されてました。しかしすべて気合で乗り切ってる感が、、、
また、塩分は遺伝学的に摂っても大丈夫な人がいるらしい。
そういう人は沢山摂って血圧を上げて、精力的に活動した方がいいそうです。
     ・・・なんだか普通の人なら早死にしそうな生活。。。と思ってしまった。
     今65歳との事です。
     あとはー。玄米何日か食べて下血したことがあったので、私には向かないなぁ。



腸のスペシャリスト:田中医師の生活
お腹温め健康法
 (これが見たかったんです) 

人の心は脳ではなく腸にある。と考えているそうで、例えば
腸(はらわた)煮えくり返る 腹黒い  断腸の思い
このような↑事からだそうです。
お腹を触ると、パニック症候群や鬱が治ったりするそうです。(東洋医学で)

UCの方が一瞬出てましたね。改善に向かってるとの事で、羨ましいです。


・早寝早起き 朝4:30起き!起きたら自分に合った漢方を飲むそうです。


・朝ごはん
 白米 味噌汁 ししゃも 漬物
 納豆、いぶりがっこなど朝必ず発酵食品を食べる。
 
 しっかり噛む。一口ずつお箸をおいて。
 
  
・東洋医学での陰と陽(冷える食品と温まる食品)を組み合わせて食べる。
 例えば・・胡瓜の漬物にしょうが
       鮪にわさび
       牛蒡と唐辛子のきんぴら
       ほうれん草のおひたしに鰹節
 陰の食品) 大根 茄子 ほうれん草 胡瓜 砂糖 ゴマ 油
 陽の食品) 葱 ピーマン しょうが ししゃも 鶏肉 鰹節 味噌 


・五本指ソックスで血行をよくする。


・お昼ご飯は病院食 早食い(次の患者さんが待ってるので)


・夜ご飯
 漢方薬を飲む。(晩酌代わり)
 白米 味噌汁 葉野菜のおひたし(油揚げも?) 塩麹に漬けの焼き魚
 蓮根と人参の煮物 いぶりがっこ(秋田の名物の沢庵みたいなのです) 
 などなど。


・お風呂
 44度の熱めのお風呂でゆっくり足踏み20回。
 腕はお湯につけず、おへそまでお湯につかり 2分
 また腕は付けず、胸まで入り 2分
 最後に肩までつかる。


・腹巻をする。
 よだれかけみたいな小さな布でした。それでいいそうです。 


西洋医学に限界を感じ、東洋医学を独学で学んだ結果
病の原因は腸にある、と言う考えにたどり着いたそうです。
漢方なんですね。
ヨーグルトは冷えるので嫌いだそうです。

☆は3つが3人 2つが3人
お風呂の温度が高すぎるそうです。

    食べ物で体を温めるのは自分にも出来そう。
    お風呂嫌いだから、腹巻と靴下を履くようにしようかな、と思いました。



姫野医師の健康法
この方、59歳なんですね。お若い!

・朝ごはん AM8:00
 ゆでたまご サラダ ヨーグルト ソーセージ ミルクティー 
 炒り卵
 ↑作り方
  豆腐をオリーブオイルで炒める。
  卵を入れる。
  鰹節 醤油 酒 糖質ゼロの甘味料 長ネギを入れる。
  ジャコをかける。

 ※すべてのメニューにたんぱく質。
 ※血糖値が上がり、インスリンが出るので朝は炭水化物を食べない。
 ※野菜から食べる。
     上3点、ダイエットじゃん。。。


・朝に家事をする。


・9:20自転車で出勤。立ちこぎ30分。
 ※セロトニンが出て、免疫力がUPする。美肌効果がある。


・おやつ PM1:00
 ナッツとお茶。おひる前に食べておくと、血糖が上がるのを押さえるそうです。


・お昼ごはん PM 2:00
 ぶりの照り焼き ささみの紫蘇巻き こんにゃく サラダ 漬物 苺
 五穀米
 炭水化物をお昼に食べる事で、低血糖も防ぎ眠くならないそうです。


・おやつ PM6:00
 ホットミルク、チーズ
 骨は夜に作られるのでこの時間にカルシウム摂取


・夜ご飯 PM8:00
 チキンソテー
  夜寝てる間にコラーゲンや筋肉、免疫細胞が作られるので、この時間にたんぱく質を。
 ライス抜きのチキンカレー
  人参、じゃが芋入って無く、糖質を押さえてあります。


     たしかにアーモンドとかは美容にいいですよね。
     ミス何とかになるような人も小腹が好いたらアーモンドっていうし。
     あと、PM2:00って一番太らない時間にお昼食べてるんですね。
     なんか、非常に正しい、正しすぎる食生活。。。
     ダイエットにも美容にも。
     なんだか知っていることを、全部きちんと行っているって感じで、
     これが出来たら苦労しないよーーー!!と思ってしまいました。
     それとやっぱり私、もっとたんぱく質食べなきゃ。

     あと、年齢が高い方でお元気な方ってお肉よく食べますよね。
     見習わなきゃ。(体調みつつ)


・運動(別の日)
 ジム?でインナーマッスルを鍛える。


・夜食(寝る時間が遅い時は1日6食)
 おくら 引き割り納豆 なめこ
  ナットウキナーゼは血栓を溶かすので、夜から明け方に起こりやすい脳卒中に効果あり。
  ねばねばは免疫力が高まる。


     とても素晴らしい生活だと思うけど、私には出来ないw
     ストレス溜まっちゃいそう。
     でもちゃんと実行したら痩せそうだし綺麗になりそうです。





以上が番組のまとめです。
程々に食べられる食材で体を温めながらいいかげんに生活を送ろうーと思いました。










| TVのまとめ(腸など) | comments(0) | trackbacks(0) | posted by どんぐり - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
スポンサーサイト 09:54
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>