潰瘍性大腸炎(UC)とイロイロ(ほぼ365日3食の記録)*
2009年に潰瘍性大腸炎になりました。
食べる事、お酒、旅行大好きです!
寛解と再燃を繰り返しているので自分の生活を見直すつもりで
できるだけ365日3食の食事をUP(献立は微妙&手抜き)
'08 11月 お腹壊してインドから帰国→放置 '09 1月 痔と診断
'09 5月 UCと診断される。
'10 11月頃 再燃(2回目)
'11 7-8月頃 再燃(3回目)
'12 3月頃 再燃(4回目)
'12 9-11月頃 再燃(5回目)
'13 2.3月 再燃はしてないけどずーっと軽い炎症が有る模様
'13 6末 軽い血を確認 再燃(6回目)
'14 4末 出血 再燃(7回目)
'14 9末 出血 再燃(8回目)
'15 6末 出血 再燃(9回目)
'16 10末 軽い出血 再燃(9回目)
'17 3中 軽い出血 再燃(10回目)
'18 7末 出血・水便 再燃(11回目)
('11 7月からは注腸が処方されなくなるとすぐ炎症を起こす、の繰り返し)
'19 3-5月 出血 切迫便意 再燃(12回目)

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
UC in キューバ & メキシコぁ礇ューバ激しく街歩き> 12:19
 

今日はキューバ観光2日目。新市街へ。
その前に朝ごはん。

今日はフルーツ付き!わーい!
キューバのマンゴーはすっごく甘くて美味しい!


食べて早速出かける。(もちろん徒歩です。)
市場?の壁。

この市場は綺麗なほうだと思う。


ナショナル・デ・クーバへ。



CASAのお父さんリコメンド。
キューバを訪れた著名人が飾ってあります。
多分お昼12時まで。


ホテルのお庭の地下には石の通路が張り巡らされてます。
うーん。要塞都市だって事を実感。
ホテルのカフェでゆっくりせず、地下に潜って探検。。。



次はアメリカ大使館へ。アメリカ人が働いてます。
仲が悪くても大使館があるんだ。
この場所、結構ツボでした。

ホセ・マルティが指差す先にアーチがあり、掲揚塔があり、その先に大使館があります。


掲揚塔何本あるんだろ?100本ぐらい?

こうなります。おそらく。

盛大に税金を使った嫌がらせなのでしょうか?カストロやりすぎw


で、また徒歩でハバナリブレ(旧ヒルトン)へ。
革命が成功した時に暫定政府が置かれた場所です。
暫定政府を置いて結果革命が成功したのかな?どーだっけ?
とにかくそんな感じ。
ちょっと休憩してコッペリアへ。
土日は並ぶっていうから平日は平気かと思ったら平日なのに長蛇の列。
並んでる間に朝食べきれなかったチーズ入りパンを食べる。
前にいるキューバ人に笑われた。

やっと中に入る。(本当は観光客用のカフェがあるけど国民の方へ)
2名と告げると、後ろに居た親子が「4名だ」と同じテーブルに。
なにやらとても親切に、チョコレートとオレンジのアイスが有って
チョコケーキがあるとか教えてえてくれる。
本当にスペイン語が英語とまったく違ってなにがなにやら。
やっと紙に書きながらなんとなく解ってきた。

しかしー。昨日のモヒート奢らされたのが頭をよぎる。
しかもこの人達ぶすーっとしていてめっちゃこあいです。。。

店内、アイスはこんな感じ。奥がチョコケーキ。

そしてお会計。そしたらなんと!!!
逆に奢ってくれた!
なんてこと!疑ってごめんなさいごめんなさい!
そしてすっごくお礼を言うと、親子2人とも素敵な笑顔をかえしてくれました。
入る前に辞書見ながら naranjaがオレンジだとか調べていたのを気にしてくれてたんだ。
私も、日本に来た外国人がいたら助けてあげようと思いました。
そうやって周っていったらいいなと思います。


次はまた徒歩でハバナ大学へ。

この門の向こうがひらけてて街を見下ろせて風が通って気持ちが良かった。

そしてこの空間もなんか好き。

ここで、朝から一円もお金を使ってないことに気付く。
びっくりした。


そしてまた歩いて革命広場に。

ここを人が埋め尽くすなんて。日本人には無い熱さだなぁ、と思う。


やっとお金使います!COCO TAXI(ココタクシー)
これで、プンタ要塞まで。

海沿いの道が気持ちがいい。(15cucぐらいだった)

で、プンタ要塞近辺から海沿いを歩き、逢いたかったこの人に逢いに行った。

支倉常長さん。こんな地球の反対側へ。
徳川家に振り回されてお疲れ様です。仙台出身としてはなんとも感慨深い。

この後はボデギータ・デル・メディオでまたモヒート。

帰国の朝に気付いたんだけど、モヒートばっかり飲んでないで
クーバリブレもキューバのお酒なんだから飲めばよかった。。。

その後出来立てチュロスを食べ(揚げ物です。アルコールといい大腸を虐めてる。。。)


旧市街をまた、うろうろした後、中央公園から西に伸びている通りへ。
地元民でとても賑わっている。

スーパーでビールを買った。
スーパーはショーケースに見本が並んでいて、定員に言って棚から持ってきてもらう。
あまり品物はありません。


この後、浴びると幸運って言われている『First Rain In May』が。
恵みの雨です。

雨宿り中。



映画「苺とチョコレート」で使われていた場所へ。

上にあるレストラン「La Guarida」も中を覗かせてもらった。素敵だった。
予約してないのにずうずうしい。。。ごめんなさい。外からはレストランがあるなんて解らない。
ここの空間、1階も何も無い2階も、3階も写真を撮るのがやめられない。



そんなこんなで宿に帰って夜ご飯。今日はお魚。お母さん、すっごく料理上手!
スープがすっごく美味しい。

手前は一昨日のプティング。奥はバナナを揚げてます。スープは、兎に角美味しい。
キューバのトウモロコシは皮が硬い。(友達談。路上のトウモロコシも)


で、食後そのままゆっくり。せず。

一杯のみに来ちゃった。ダイキリ美味しい。


で、帰宅して就寝。(もちろん往復徒歩です)




この日も注腸。下血無し!
こんなに油分とアルコール摂取してるのに。旅行マジックです!








| 旅行(キューバメキシコ)の事と食事 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by どんぐり - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
スポンサーサイト 12:19
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>