潰瘍性大腸炎(UC)とイロイロ(ほぼ365日3食の記録)*
2009年に潰瘍性大腸炎になりました。
食べる事、お酒、旅行大好きです!
寛解と再燃を繰り返しているので自分の生活を見直すつもりで
できるだけ365日3食の食事をUP(献立は微妙&手抜き)
'08 11月 お腹壊してインドから帰国→放置 '09 1月 痔と診断
'09 5月 UCと診断される。
'10 11月頃 再燃(2回目)
'11 7-8月頃 再燃(3回目)
'12 3月頃 再燃(4回目)
'12 9-11月頃 再燃(5回目)
'13 2.3月 再燃はしてないけどずーっと軽い炎症が有る模様
'13 6末 軽い血を確認 再燃(6回目)
'14 4末 出血 再燃(7回目)
'14 9末 出血 再燃(8回目)
'15 6末 出血 再燃(9回目)
'16 10末 軽い出血 再燃(9回目)
'17 3中 軽い出血 再燃(10回目)
'18 7末 出血・水便 再燃(11回目)
('11 7月からは注腸が処方されなくなるとすぐ炎症を起こす、の繰り返し)
'19 3-5月 出血 切迫便意 再燃(12回目)

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
炎症性腸疾患を悪化させる免疫細胞の新たな活性化メカニズムを発見 22:14
この話題、古い?

先程知りましたー。 2012年9月のものです。

以下そっくりそのまま引用です。



元はここです。
 http://www.jst.go.jp/pr/announce/20120905/index.html


JST 課題達成型基礎研究の一環として、東京大学 医科学研究所の倉島 洋介 日本学術振興会 特別研究員、國澤 純 准教授、清野 宏 教授らの研究グループは、免疫異常により慢性の腸炎を起こす「炎症性腸疾患」を悪化させる分子機構の1つを明らかにしました。

炎症性腸疾患は、近年増えている原因不明の難治性疾患であり、20歳代から40歳代を中心として、国内だけで10万人以上が罹患しています。1970年代に、炎症性腸疾患の患者の腸管組織では、免疫細胞の1つである肥満細胞が活性化していることが報告されました。肥満細胞は、花粉症や食物アレルギーを引き起こす免疫反応の「悪玉」として働く一方で、感染症から生体を守る「善玉」として働くなど多様な役割を担うことが知られています。しかし、これまで炎症性腸疾患における肥満細胞の役割は不明でした。

本研究グループははじめに、肥満細胞を欠損させたマウスでは、炎症性腸疾患の症状が軽減していることを明らかにしました。このことから、肥満細胞は炎症性腸疾患では「悪玉」として働くことが分かりました。また、これまでの報告の通り、炎症性腸疾患を発症しているマウスの腸管では、肥満細胞が異常に活性化していることから、何が肥満細胞を活性化しているのかを探索したところ、従来のアレルギー反応での働きとは異なる、新たな肥満細胞の活性化機構が明らかとなりました。そのメカニズムとは、腸内細菌や傷害を受けた組織などから細胞外に放出されたアデノシン三リン酸(ATP)が、肥満細胞の表面にあるP2X7たんぱく質(受容体)と結合することで、肥満細胞を活性化することであることが本研究グループによって初めて証明されました。

P2X7たんぱく質を欠損させた肥満細胞を持つマウスでは、炎症性腸疾患の症状が抑えられることから、P2X7たんぱく質と細胞外ATPの結合を抑えることが、新たな炎症性腸疾患の治療標的として期待されます。

本研究は、東京大学 医科学研究所の伊庭 英夫 教授、大阪大学の飯島 英樹 講師、東京理科大学 理研免疫・アレルギー科学総合研究センターの久保 允人 教授らの協力を得て行いました。本研究成果は、2012年9月4日(英国時間)発行の英国科学雑誌「Nature Communications」のオンライン版で公開されます。


ポイント
・免疫細胞の1つである肥満細胞の活性化が炎症性腸疾患の悪化を引き起こす。
・肥満細胞と細胞外ATPとの結合を阻害することで炎症を抑制。新規治療法に道。




ひひひ肥満細胞???私の宿敵、肥満??と思ったのですが、全然関係ないようです。

難しい事はわかりませんが、

花粉症って免疫細胞の過剰反応と言われているけれども、それと同じで

腸の中でも免疫細胞が過剰に反応して、炎症を引き起こしているって事ですよね。



私は、かなり重度の花粉症です。でした?

花粉症、治ったのか、症状が出なくなったのか。。。

家で仕事をするようになってから、あまり花粉を吸い込まなくなったせいだと思っていますが。。。

今は薬無しで平気です。

信じられないけど。

UCと関係あるのでしょうか?

花粉なんか構ってらんない!腸内でがんばらなっ!!

って細胞が過剰反応してるのでしょうか?

そういえば、毎年この季節に一度炎症起こしてるーー!



以前、腸内細菌のバランスを良くすると花粉症の症状が治まるから、と

ヨーグルトを食べると良いって話題になったけど。。。

うーん、毎日ヨーグルト食べてるんですけどね。。。

花粉症は治まってるけど、今、まさしく腸内がてんやわんやの大騒ぎです。

500gのお得ヨーグルト買ってるのですが、

高いのにはやっぱり訳があるって事で、効きそうなヨーグルトに変えてみようかな。。。






 

| 免疫力 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by どんぐり - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
スポンサーサイト 22:14
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>