潰瘍性大腸炎(UC)とイロイロ(ほぼ365日3食の記録)*
2009年に潰瘍性大腸炎になりました。
食べる事、お酒、旅行大好きです!
寛解と再燃を繰り返しているので自分の生活を見直すつもりで
できるだけ365日3食の食事をUP(献立は微妙&手抜き)
'08 11月 お腹壊してインドから帰国→放置 '09 1月 痔と診断
'09 5月 UCと診断される。
'10 11月頃 再燃(2回目)
'11 7-8月頃 再燃(3回目)
'12 3月頃 再燃(4回目)
'12 9-11月頃 再燃(5回目)
'13 2.3月 再燃はしてないけどずーっと軽い炎症が有る模様
'13 6末 軽い血を確認 再燃(6回目)
'14 4末 出血 再燃(7回目)
'14 9末 出血 再燃(8回目)
'15 6末 出血 再燃(9回目)
'16 10末 軽い出血 再燃(9回目)
'17 3中 軽い出血 再燃(10回目)
'18 7末 出血・水便 再燃(11回目)
('11 7月からは注腸が処方されなくなるとすぐ炎症を起こす、の繰り返し)
'19 3-5月 出血 切迫便意 再燃(12回目)

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
フォーについて思ったこと。 22:58
JUGEMテーマ:難病に立ち向かえ!



フォー大好きなんですけど、

なんで米粉の麺は日本の文化で生まれなかったんでしょ?

最近消費量が減ってきているとはいえ、お米文化の国だったのに。



勝手な妄想だと(米粉を扱ったことがないので想像です)

白玉粉とかだんご粉とかって練っても小麦粉のグルテンみたいな粘りがないので

それと一緒で扱い(まとまり)にくいのかな?

だからパンとか麺にしにくいとか・・・

お好み焼きとかそういうゆるめの生地にしたら粉だけが沈みそうな見た目よね。

(あくまでも想像です。袋の上から凝視した感想を書いてます。)




しかも、フォーはうどんとかに比べて、茹で汁がすっごく濁る気がする。

うどんとかはグルテンで纏まってるのかね?

そういえば、米粉の麺(ビーフンとかも)結構くっつくよね。

やっぱり小麦粉の方が加工しやすいのと、料理しやすいのかなぁ。

でも素麺とかも放置するとくっつくけど。。。



それとも、昔の小麦の輸入政策の影響かしら?

(うちの母親だったら、政府とアメリカの陰謀だ!!って言いそう。。。)



米粉の麺はつるつるしてて、

パンは中はもちもち、外はカリっと焼けるので、それが好きです。

小麦粉に比べて、油を吸い込む量も少ないからいろいろな料理にも使えそうなんだけど。

てんぷらとかには向かないのかな?




うー?はて?

日本ってお好み焼きとかたこ焼きとかてんぷらとかうどんとか素麺とか

小麦粉の日本食沢山あるけどなんでだろ?

小麦粉って殆ど輸入なのにね。

また、小麦粉の値段上がるとかなんとか。。。

でも!小麦粉食べる量減らすと決めた私、勝ち組!

(だがしかし、絶対食べてしまう。。。小麦粉中毒かもっ?って思うぐらい小麦粉大好きだもん)




それはそうと、もっと米粉安くならないかしらー?

近々買ってみようっと思ってるんだけど小麦粉に比べて高いのよね。


いや、やっぱり、欲しかったゴパンを買おうかな。。。

そしたら粉買わずにパンが作れる。



はっ

なんでわたし、パン食べるつもりになってるんだろ

パンは悪魔の食べ物。悪魔の食べ物悪魔の食べ物。。。

常に言い聞かせてます。

だって、食べ始めると止まらないし、美味しいから胃袋が底なしのようになってしまうし、

『ちょっと一口』が果てしなく無限に広がってしまうし、

小麦粉が水分を必要として溜め込んじゃうし、

それだけでなくバターとか使ってるし、

飲み物もコーヒーとか飲みたくなっちゃうし、、、で、結果太るし。。。






・・・脱線しまくっちまった。

とにかく、米も小麦粉もだ〜いすきって事です。

そして疑問ばっかり書き綴った結果、何も解決していないという。。。








| 食べもの | comments(0) | trackbacks(0) | posted by どんぐり - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
スポンサーサイト 22:58
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>