潰瘍性大腸炎(UC)とイロイロ(ほぼ365日3食の記録)*
2009年に潰瘍性大腸炎になりました。
食べる事、お酒、旅行大好きです!
寛解と再燃を繰り返しているので自分の生活を見直すつもりで
できるだけ365日3食の食事をUP(献立は微妙&手抜き)
'08 11月 お腹壊してインドから帰国→放置 '09 1月 痔と診断
'09 5月 UCと診断される。
'10 11月頃 再燃(2回目)
'11 7-8月頃 再燃(3回目)
'12 3月頃 再燃(4回目)
'12 9-11月頃 再燃(5回目)
'13 2.3月 再燃はしてないけどずーっと軽い炎症が有る模様
'13 6末 軽い血を確認 再燃(6回目)
'14 4末 出血 再燃(7回目)
'14 9末 出血 再燃(8回目)
'15 6末 出血 再燃(9回目)
'16 10末 軽い出血 再燃(9回目)
'17 3中 軽い出血 再燃(10回目)
'18 7末 出血・水便 再燃(11回目)
('11 7月からは注腸が処方されなくなるとすぐ炎症を起こす、の繰り返し)
'19 3-5月 出血 切迫便意 再燃(12回目)

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
キュランダ(オーストラリア)について その2 10:01
JUGEMテーマ:難病に立ち向かえ!



キュランダっていったら、やっぱり電車&スカイレールをお勧めします。


車でも行けるけど(電車より早い)…。のんびり、ゆっくり、景色を観ながら。


以前、世界の車窓から見たいな写真は UPしたので、違う写真を。


こんな電車に乗って行きます。
 




キュランダでは、JUNGL WALK なる所を歩きました。





写真は、ジャングルっぽい所を撮ったけど、普通に整った道なので、


ジャングルっぽさ、サバイバル感はありません。


ちょっと違うけど、


マチュピチュのワイナピチュとか、


屋久島の白谷雲水峡の太鼓岩までの道のりの方が、身の危険を感じた。。。



あとは、結構空が見えるので、明るいです。熱帯雨林・・・?と思った。


屋久島の方が鬱蒼としています。







きっと、この上をさっきの電車が通るんだろうな。


私、女子だけど、電車とか線路とか、そこそこ好き。(全然詳しくないけど)



帰りは、これ。




スカイレールからの写真も前にUPしたけど、、、


もう一回のせちゃえ!



中に入ると規模が解らないけど、上から見ると見渡す限り熱帯雨林。


で、やっぱり、グリーン島、見えてると思う!




キュランダからスカイレールに乗るときは、超混みだったけど、


途中で乗り継ぐ時はガラガラで、なんで?みんな何処に行った???って感じ。


で、そこからは、一人で貸切状態で、ゆっくりゆったり〜。


実際乗り継ぎとか待ち時間かかるけど、乗ってる時間は 40分ぐらいなので、


14時にキュランダ出て、16時のバスだったんだけど、


バス待ちで時間を潰さなければならず。。。


もっとキュランダでゆっくりしてくればよかった。





私は、キュランダでぼーーーっとしてきたけど、


アーミーダック、乗りに行きたかったな。


キュランダからは車で行くみたい。迎えに来てもらって。





あとは、、、川沿いでキャンプしてる日本人が居た!


彼ら、強いね。


パーティー行ってきた帰りなのかな?


私自身はピッピーみたいな人に抵抗感は無く。。。


向こうからしたら、なんだこいつ?って感じかしら?


地球に優しいキャンプをしているのだろうか・・・?




他には、川沿いでぼーっとしてたら、結構大きい鳥が近寄ってきた。


誰か、餌付けしてるだろー!!!


しかも、ぶよ?あぶ?に刺された。


この前まで(帰国後3Wぐらい)、痒かったので、ご注意。






で、やっぱり私、海より山が落ち着く。。。と確認致しました。




体調:便は出た。

    腹痛、下血無し。よしっ!!






















| 旅行(ケアンズ)の事と食事 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by どんぐり - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
スポンサーサイト 10:01
| - | - | - | posted by スポンサードリンク - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
Comment








Trackback
この記事のトラックバックURL: トラックバック機能は終了しました。
<< NEW | TOP | OLD>>