潰瘍性大腸炎(UC)とイロイロ(ほぼ365日3食の記録)*
2009年に潰瘍性大腸炎になりました。
食べる事、お酒、旅行大好きです!
寛解と再燃を繰り返しているので自分の生活を見直すつもりで
できるだけ365日3食の食事をUP(献立は微妙&手抜き)
'08 11月 お腹壊してインドから帰国→放置 '09 1月 痔と診断
'09 5月 UCと診断される。
'10 11月頃 再燃(2回目)
'11 7-8月頃 再燃(3回目)
'12 3月頃 再燃(4回目)
'12 9-11月頃 再燃(5回目)
'13 2.3月 再燃はしてないけどずーっと軽い炎症が有る模様
'13 6末 軽い血を確認 再燃(6回目)
'14 4末 出血 再燃(7回目)
'14 9末 出血 再燃(8回目)
'15 6末 出血 再燃(9回目)
'16 10末 軽い出血 再燃(9回目)
'17 3中 軽い出血 再燃(10回目)
'18 7末 出血・水便 再燃(11回目)
('11 7月からは注腸が処方されなくなるとすぐ炎症を起こす、の繰り返し)
'19 3-5月 出血 切迫便意 再燃(12回目)
'20 9月 血 再燃じゃなく痔であってくれ…!

| CALENDAR | RECOMMEND | ENTRY | COMMENT | TRACKBACK | CATEGORY | ARCHIVE | LINK | PROFILE | OTHERS |
トルコ旅行 最終日 イスタンブール 15:38

最終日です。

 

朝から行きたかったブルーモスク。

 

 

 

ここも素敵でため息が出ちゃいます。

綺麗。観光客でごったがえしです。

1時間ぐらい座ってぼーっとしたい。けど無理。

 

 

 

その後、

古代東方博物館、装飾タイル博物館、国立考古学博物館に行って、

せっかくなので新市街へ。

イスティクラル通りを通ってタクシム広場へ。

イスティクラール通りは2016年3月19日にテロがあった所です。

あまり長居はせずにささっと。

 

 

広場では結婚式の写真を撮っている人たちが。

 

 

 

イスティクラル通りをタクシム広場に向かって歩いていく途中に

お勧めのチョコレートやさんがあります!!!

名前忘れちゃった。

左手側、ガラタサライ高校に着く前あたり、

見た目は商店?でも中を覗くとショーケースが並んでいます。

どれも見た目が美しい。

お土産にお勧めです!!ピスタチオのチョコとか特に。

あとはシート状にレモンがちりばめられているチョコとかも美味しかったです。

 

 

 

 

 

その後、高校の間の通りを下っていったら、

なにやらアートやギャラリーが多い界隈に。

これは坂を下りきったときに撮影した。

 

坂を下る途中、確かに美術館があったわ。

そんでもって迷い込んだ路地に多肉がある!シダ植物だー!エアプランツ!トルコに!と思って

思わず入ってしまったカフェ。

日本かと思った。

世界中にこういうお店あるのかな。ブームなのかな。

まさかトルコでこういうお店に入るとは。

 

 

 

そんなこんなで冒険終わり。

飛行機の時間も近づいて来ました。

トラムでホテルに戻り、準備をしてアタチュルク空港に向かいます。

 

 

 

地下鉄に乗るのも最後です。

つり革の間隔狭い(笑)ぎゅうぎゅうになっちゃうよ。

トルコの通勤ラッシュも凄いです。

帰宅ラッシュのほうが凄いかな。ラマダン中だしみんな帰ってご飯食べたいもんね。

 

 

あ、そういえばグランドバザールやエジプシャンバザール行かなかったなーなんて思いながら

特にトラブルも無く旅が出来て安堵。

 

 

 

この後、アタチュルク空港から日本へ。

26日の夜に日本に帰国して、

まだ時差ぼけでボーっとしてた28日の早朝にテロのニュースが。

そして約一ヶ月前にクーデターのニュースが。

私は運が良かったとしか言いようが無いです。

一ヶ月半経ちましたが現地はどうなのでしょうか。

行かれる方は十分お気をつけください。

とても素敵な建造物や自然があり、旅行者に優しく移動もしやすい国です。

数年後でも数十年後でもいいから情勢が落ち着いたら是非行っていただきたい。

 

 

 

被害に合われた方のご冥福をお祈り致します。

 

 

 

 

 

| 旅行(トルコ)の事 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by どんぐり - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
トルコ旅行 6日目 パムッカレ 15:36

深夜のバス移動です。

私が悪かったんだけど。

ホテルのお兄さんに出発時間を聞かれて答えたけど到着時間を聞くのを忘れた。

各駅停車みたいなのに乗ってしまったらしい。

13時間かかりました。(早いのだと10時間以内ぐらいで着きます)

 

嫌がらせだったりして(笑)

それともパムッカレなんてすぐ見終わるから涼しいバス内に居ろって気遣いかしら?

もっと早く着くバスがあると思うので皆さんはちゃんと到着時間を調べて乗ってください・・・

 

乗ったバスは、イスタンブールのヨーロッパ側を深夜0時ぐらいまでぐるぐるまわって

船に乗ってアジア側へ移動。(昼間と同じルートの逆)

船上でバスで座っていたら強面のバスの運転手さんが手招きを。

下りてに船の風邪にあたっていたら部下のお兄さんがパニーニを二人分買ってきて、

強面の運転手さんが1つ私にくれました。

若いお兄さんの夜ご飯だったんだと思うけど…

ごめんなさいありがとう!美味しかったよ!

 

バスはとても快適でした。

・バスにTVとかゲームとかあってお菓子も出る。

・寝れる。

・いつ着くか解らないからハラハラする。

 

 

 

 

無事、深夜長距離バスでデニズリ到着 10:00 AM

ミニバスに乗り換えます。

 

オトガルの職員に場所を聞いていたら

変なおじさんが話しかけてきました。

空港職員もうなづくのでおじさんに着いて行くことに・・・

ミニバスって言ってるけど他に客居ないんだけど・・・

不安。

5リラといわれ…

ネット情報では2リラ、、だけど結構物価が上昇してるし5リラは妥当なのか?

 

 

 

バンに乗ると色々話しかけてくれ…

朝ごはんは食べたか?と。

食べてないというと、ローカルなお店へ連れて行ってくれて

クレープをご馳走してくれました。

塩味で美味しい。

 

 

長距離バスの運ちゃんといい、ミニバスの運ちゃんといい

みなさん奢ってくれる。ありがとうございます!

朝ごはん付きで5リラなのかしら?ま、いっか。

 

しばらくすると荷物荷物!とおじさんが言うから何かと思ったら

寄り道して荷物を沢山積み込み、、、

で、そんなこんなでパムッカレに到着。

 

どうやらこのおじさんはパムッカレにあるホテルのオーナーらしい。

それで、送迎バス(デニズリ イズミル) や、

パムッカレツアー、パラグライダーなども扱っているようです。

是非こちらで予約を!

ここで、帰りのバス(デニズリの空港まで)も予約しました。(30TL)

 

KORAY HOTELサイト

http://www.hotelkoray.com/

Booking.comサイト

http://www.booking.com/hotel/tr/koray.ja.html

 

最近は旅行者が少ないみたいです。日本人は特に。

もしよかったらこちらで予約を!

ホテルも緑が多くて素敵そうです。(お部屋は見ていない)

 

 

 

ホテルを出てパムッカレへ。

入場料35TL(これもアルコの情報と違う)

異常気象(6月にしては暑い)だからなのか、水を制限しているのか解らないけど、

全部に水が入っていなくて残念。入場禁止の部分には全く水がありませんでした。

ああ、残念。

 

 

 

一応円形劇場

もう暑いとしか言いようがない。

体力に自身がある私でもヒエラポリスの方に行く気力も体力もありませんでした。

この劇場までも結構歩くのよ。

 

 

 

遥か下の方に少し石灰棚が。

 

 

ここで、あまりの暑さに動けなくなって、バス移動+時差ぼけでふらふらだし

木陰のベンチで小一時間ほど爆睡してしまいました。

(有料の公園内だし人いないし危険は感じず)

いい歳したおばさんなのに!いや、おばさんだから出来るのよ!!とか言い訳をして。

で、足がハイソックスのように日焼けしてしまった・・・

パンツまくってたから。あほ〜・・今年は足を出せません。スカート履けません。

 

 

暑すぎてあまり長居できず、「ラム子の食堂」さんに避難。

ごはんを食べて冷房にあたり休ませてもらってバスを予約したKORAYホテルに移動。

先日前も書きましたが、ホテルではスタッフさんがアイスを囲んで食べてました。

 

 

みんなでアイス

 

ホテルの皆さん。ボスは左。ピンクの服を着た女性は日本語ペラペラです。

 

 

台湾のギャル達に紛れてバスで空港へ。

ターキッシュエア(turkish airlines)がかなり遅れたので、

(もしかして前のペガサスエアラインズが遅れたせいかも)

アタチュルクに着いたのが22時前でした。(予定では21時ぐらい)

遅い時間のメトロは不安でしたが、問題ありませんでした。

スタンアルフメット付近に着いたのは22時半ごろ、

間違えて一つ前の駅で降りてしまって一駅分歩いたんだけど

街歩きも平気でした。

結局23時ごろホテル着。

 

深夜担当?オーナー?のおじいさんが

「Welcome Back〜!!昨日戻ってこないから心配してたよ〜〜!!(英語)」

と迎えてくれました。なんか嬉しかった。

 

 

長い一日が終わりました。暑かった。疲れた。

 

 

丁度この日にイギリスEU離脱ニュースが入って円高がすすんだんだけど、

なーーんにも恩恵受けなかった。

特にお金を下す予定も無く残念。

 

 

 

 

 

| 旅行(トルコ)の事 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by どんぐり - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
トルコ旅行 5日目 イスタンブール 15:35

イスタンブールでの初めての朝です。

朝食を食べる場所からの眺め。

かもめがこんなに近くに。

曇りなのが残念。

 

 

この日の予定はアヤソフィアからです。

混むと聞いたのでオープンに合わせて向かいました。

ホテルでイスタンブール ミュージアムパスを購入。

ネットで調べた情報と変わっていたので訂正すると、

3日券と5日券があると聞いてたんだけれども、5日券だけのようです。

値段は値下がりしていて 85TL(ネットでは115TLだった気が…)

カーリエ博物館も入れます。

 

 

あと、物価上昇が激しいのかな?〇ルコの情報が古いのかな?(2016年版だけど)

入場料。気がついたところだけ。

・アヤソフィア 40TL

・トプカプ宮殿 たしか30TL

・古代東宝、装飾タイル、国立考古学博物館共通 たしか30TL(20だっかたかな?)

・カーリエ博物館 20TL(たしか)

 

・地下宮殿 20TL(パスは使えない)

 

 

 

 

アヤソフィア

人も少なくゆっくり見ることができました。

工事中なのが残念でしたがとても綺麗でため息が出そうです。とても感動しました。

朝一、お勧めです!

 

 

 

次はカーリエ博物館へ。

これもアル〇情報で駅から行くのに苦労したって書いてあったけどその人はどう苦労したんだろう。

駅を出て大きな交差点を渡ります。斜めの対面に向かって二回。

このぐらいの交通量、アジアの道路に比べたらちょろいぜ!

周りの横断する人についていけばいいし。と思いながら進みます。

あとはバス停を通り過ぎて住宅地に入っていくんだけど、

一本目じゃなく二本目ぐらいを左に入って進んでいきます。

微妙に小さい看板があります。(トルコ語)

後は勘で!解からなかったら歩いてる人に聞く!

5分〜10分で着きます。

あの距離タクシー乗ったらぼったくられそうだよw

 

 

それで、ここの美術館、とても小さいんだけど凄く素敵でした。

モザイクが素敵。

なんかせっかくの写真に黒い横線が(泣)。

下三枚はフレスコ画。

ここ、良いです!

 

 

 

観終わって駅に向かおうと思ったところ、先程通りすぎたバス停が壊れてた。

びっくり!

警察に聞いたら「オトなんとか〜」って行ってたので

OTOって車のことだと思うので事故だと思います。

血とかは飛び散ってなかったので大丈夫かと…靴は飛んでたけど。

因みにこの先の二本目を左に曲がると博物館があります。

 

 

この後、どうしよっかなーと思って、乗り換えで乗ったトラムビュスがアジア側に行くようなので

そのままアジア大陸に移動。ボスボラス大橋通過。

(この橋がクーデターで封鎖されたのかしら…?)

カドキョイぶらぶら。

下調べしなかったのでメイン通りじゃ無い所を歩いてたかも。

 

ヨーロッパ大陸に戻るのに、メトロ+トラムビュスでも良かったんだけど

せっかくなので船で帰る事に。

船から。

船から見るとモスクの多さに驚く。日本のお寺や神社みたいなものだろうけど

一つ一つがとても大きく、結構な数あります。

有名なところじゃなくてもとても立派です。

 

 

 

アヤソフィア近辺に戻ってきて

地下宮殿。

ゲームの世界みたい。この奥に姫が!魔物が!みたいな。

 

 

 

さかさまのメデューサ。

 

 

これだけの宮殿です。

見るところは少ないけど今でも水が湧き出ている不思議な空間です。

 

 

 

 

この後、装飾タイル博物館に行こうと思ったのですが

迷い込んだところがトプカプ宮殿だった。

ハレム、贅沢!!

しばらく宮殿だとは気がつかなかくて、サーベルとか大きなダイヤとか飾ってあって

あ、宮殿に迷い込んでしまった、と。

ここから入ってたら解かったんだけど横から入ってしまって。

広くてもっとゆっくり見たかった。

 

 

 

 

 

 

 

この後ダッシュで戻ってシャワー浴びて準備してオトガル(バスターミナル)に向かいます。

21:00のバスなので早めに19時ホテル出発。

早過ぎて40分ぐらいバスを待ったけど。

間に合わないよりはいいよね。

たまには早めの行動をしてみる。

 

 

 

 

 

 

 

| 旅行(トルコ)の事 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by どんぐり - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
トルコ旅行 3日目 カッパドキア 21:30

前日に気球に乗って思ったんだけど、ホテルから気球見ても素敵なんじゃないかって。

案の定でしたよ。

ああもう何枚同じような写真があるんだろう。

 

 

 

ホテルのテラスから。ここで朝食食べます。

時間通りに行ったらまだ準備されてなかった。

お兄ちゃん(初日の若者A)頼むぜ。この景色を見ながらの待ちぼうけだから許そう。

 

次の日に迷い込んだマーケットで思ったのですが、トルコの食材は日本と似てる。

きゅうり トマト レタス スイカ バナナ 茄子・・・

特に何これ!ってのも無いのでなんか安心。

だけどトマトは私の鬼門(再燃の)なのでなるべく控える。

 

 

 

 

そんなこんなでこの日はGreen Tourです。

実はこっちが楽しみでした!なぜなら地下都市に入れるから〜

 

 

同じくANDROMED F という会社のグリーンツアー

120TL

・ギョレメパノラマ

・デリンクユの地下都市

・ウフララ渓谷のハイキング

・ウフララ渓谷のちょっと離れたところにあるチャーチ

・YAPRAKHISAR PANORAMA(これはどこだったんだ…?)

・SELIME MONASTERY(なんて読むんだろ。修道院です。スターウォーズの所)

・ピジョンバレー

・石のお土産やさん

 

 

 

 

どここれ。ギョレメパノラマ…?(解かってない)

 

 

 

で、やって来ました!デリンクユの地下都市

良い写真が無くて申し訳ない。こんな感じで…

地下7階まであります。ちゃんと明かり取りの窓やらキッチンやらダイニングやら。

ふおー楽しい〜!!地下大好き!!

こうやって前の人のおけつを観ながら歩きます。

通路はかがんで進むけど各階はちゃんと立てる高さです。

地下七階も。よく掘ったなぁ(脱帽)とても広いです。

 

 

 

次はウフララ渓谷。

写真では解かり難いけど絶壁が凄い!期待してなかったので感動。

凄い高さで凄い巾です。

 

 

洞窟の教会。ここは撮影OK。

壁画(ここも多分フレスコ画)が結構ちゃんと残っている。

ハイキングで教会を沢山回れるのかと思ったらひとつだけで残念。

というか教会は沢山あるんだけどハイキングコースからは結構離れてそうな感じでした。

 

 

 

 

 

同じくウフララ渓谷のSELIME MONASTERY。

読み方がよくわからない〜スターウォーズの所です。

検索すると「YAPRAKHISAR PANORAMA」で「STAR WARS」って出て来るんだけど

ガイドさんはここの修道院でがスターウォーズって言ってました。

とにかくここ、楽しいです!

登ったりくぐったり下りたりジャンプしたり!

 

こんなところに来れるならスターウォーズフィギュアを持ってきて

写真でも撮れば良かった(意味無し、なんとなく、、、)

 

 

 

ピジョンバレー?からのの写真。

ガイドさんがしきりに鳩鳩言ってた気がするのでピジョンバレーなんだと思います。

一枚目の空にある黒い物体は、未確認飛行物体ではなくレンズの傷です…

 

 

 

ツアー終了。

 

 

これが参加した会社のツアーです。

 

 

 

 

この日は夜ご飯を食べてからホテルのテラスで夕焼け鑑賞。

安かったけど、景色がいいホテルでよかった。

 

 

 

ここでぼけーっとしていたホテルの若者Aが登場。

A :「今日は最後の夜だからドリンクフリーでーす(英語)」

私:「そうなの?ラッキー!(それは酒なのか…?)」

 

そんなこんなで夕焼け見れるところで良い雰囲気になっても困るぜ、と思いつつ

温かいお茶をもらう。(部屋にもあるじゃねーか)

そもそもムスリムの国だからお酒あるのか?小さいホテルだし無さそ。

 

 

そんなこんなで軽く口説かれる。

うすうす気がついていたけどドリンクフリーは振りだったか!

  (…結構直接的な言葉でいろいろ言われ肩に手を回そうとしているのがバレバレ)

しかもコロンつけ直してきただろう(笑)

話を聞いてみると前に日本人(30代、Aよりはかなり年上)と

何かあったらしい。

おいおい、一緒にすんじゃねーよ。誰だその尻軽日本人。と思いつつ

ストールを取られそうになったので寒いし部屋に帰るといい戻る。

お茶を届ける的な事を言われたので部屋にあると言い断る。

終了!!へっ!!!

 

 

ちょっとかなり年下(20代前半?)で、なんかすべてがバレバレでちょっと面白かったけど。

ずいぶんオープンな日本の方もいらっしゃるのね。

やんわり書いてますが結構いろいろ言われましたわ。

日本女性の皆さんはトルコでモテるみたいなのでご用心を。

こんなおばさんにもお声がかかるぐらいですもの。

 

 

 

 

 

| 旅行(トルコ)の事 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by どんぐり - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
トルコ旅行 2日目 カッパドキア 21:04

前日に予約した気球ツアー、朝4時にピックアップです。

Butterfly Balloons というツアー会社です。

ホテルから予約、130ユーロ(高いけど安全だとホテルスタッフにゴリ押しされた)

他は90ユーロ位からあるようです。

参加したツアーは朝食付き、シャンパンつき。

どこも一緒かな?

 

 

特に何も説明必要ないと思うので写真だけ。

すんごい地形が、地層が面白い〜。水が流れた後がよくわかります。

タモリさんに教えを請いたい。

 

 

 

 

 

 

終わってホテルに戻って7時?7時半ぐらい。

さっき食べたのにホテルの朝食も食べて今度は

レッドツアーに。

カッパドキアのツアーはRed Tour,Green Tour,Blue Tourとあります。

日本語ツアーは高い(しかも遂行されなかった)ので英語ツアーに参加。

 

ANDROMED F という会社のレッドツアー

100TL

・ウチヒサールの城塞

・ウルギュップ(3人姉妹の岩)

・ギョレメ野外博物館

・チャウシン オールド ビレッジ(行った記憶が無い…)

・ピジョンバレー(?)

・絨毯屋さん

・デヴレント(ラクダ岩)

・パシャバー(きのこ岩たくさん)

・アヴァノスの陶芸館

 

一緒にツアーに参加されている方々がとても素敵でした。

 

 

 

ウチヒサル城塞(見るだけ)

野外博物館以外は大体自由時間15分。

 

 

 

ユルギュップ 三人娘の岩 と なんか膝に腕ついてるみたいな人の岩。

そう見えるの私だけかな。

 

 

 

ギョレメ野外博物館

洞窟教会が沢山あって暗闇教会とかは光が入らなかったので今でもはっきり

ブルーが残っていました。

撮影禁止なのが残念。

本当は間違えて写真とってしまったのですがここに載せるのは自粛します。

 

 

 

 

ここはどこだ・・・?

ピジョンバレー?次の日行ったのがピジョンバレーだった気がする・・・

 

 

 

絨毯やでコーヒーいただく。

日本語が出来る人が、Xperia持っていて、私の壊れた旧型Xperiaを見て

「ちょっとそれ古くない?しかも壊れているの?ちょっと絨毯買えないね〜」

って。笑われてもうたw

 

最近は日本人が来なくなったと嘆いていました。

平気だから来てほしいって。

確かにカッパドキアの治安は平気でみんな優しいし安全。

ぶっちゃけ…イスタンブールやアンカラの空港を使わないで

カイセリに入ってカッパドキアに行ってしまえば

テロやゴタゴタに巻き込まれる心配は無いでしょう…

今航空券安そう。私が行ったときも安かったけどさらに。

地方の観光都市はのんびりしていてゆっくり出来ます。

 

 

 

 

どこだここ・・・(二回目)

アメリカのお姉さん、常にナイスなポージングで絵になる。

歩いてても写真とっても。素敵。スタイルかな姿勢かな?

妊婦に間違われる私はなんだか常に丸っこいうえに猫背。見習おう。

で、ここはどうやららくだ岩があるデヴレントバレーみたい。

見返したら写真があったw

 

 

 

 

ここはパシャバー

写っているトルコの親子がアイスを奢ってくれた。

なんかとてもやさしい。

まさかこんなおばさん、子供だと思って買ってくれたわけじゃないよね・・・?

 

あと、別のトルコの女の子は一緒に写真を撮って。

東洋人が気になるのかな?

さらに別のアメリカのおばあさんは最後に紙にメアドを書いて連絡ちょうだいってw

一人参加で娘の様に心配だったのかしら。

なんかとてもほっこりしました。

帰国後テロが起こってからメールしてるんだけど、英語が母国語の人の英語って読めない。

達筆(?)すぎて(笑)

無事だったか確認したかっただけなんだけど戻ってきてしまう…

 

 

で、この日はとても楽しかった!

 

 

 

ツアー終了。ホテルでちょっと休憩。

 

 

 

 

この後、せっかくだからギョレメの街ぶら。

持っていったガイドブックはかわいい女子用(〇ルコ)なので何にも書いてない。

金額も違うし(リサーチしてない?物価上昇が激しい?)使えなかった。

で、街中から旗が立っているところが見えて、あそこはなんだって通りすがりの人に聞いたら

サンセットポイントだというので向かいました。

 

モスクの塔の横の道から登ります(辛い)

だけど登りきったらいい感じに!

だけどもしかしてこれ、いや、もしかしなくても泊まっているホテルからも見えるんじゃ…

高い場所にあるホテルだし。明日はホテルでサンセットを見よ。

ローズバレーかレッドバレーが赤く染まる。

ローズバレーサンセットツアーっていうのがあるんだけど、ここの高台でいいかも?なんて。

参加してないから解らないけど日本語ツアーだと3000円ぐらい?

ていうか3000円ってレッドツアーが100TL(3700円ぐらい)だから高くない???

なーんて。

 

 

トルコの国旗です。暗いけど。

 

 

 

 

この後ごはん。

レストラン、つまらな〜いって思って道端でトルコのパンケーキを。

こんな感じで焼いてくれる。

結構美味しい。塩味が効いてます。

 

 

 

 

そんなこんなで2日目終了。

 

 

 

 

 

 

| 旅行(トルコ)の事 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by どんぐり - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
トルコ旅行 初日 移動の日 20:43

2016年6月28日にイスタンブールのアタチュルク空港でテロがありました。

私は25日の夜の便で出国していたので大丈夫でした。

そしてテレビのニュースも落ち着いてきた頃、7月15日にクーデターが起きました。

 

 

今回の旅行についてブログにUPしようか迷いましたが、

トルコはとても素敵な国で親切な人も多く、

地方の観光都市はとてものどかでテロなど起こる気配も無く

情勢が落ち着いたら是非行っていただきたい、それが数年後でも数十年後でもという思いを込めて

だらだらと・・・いやゆっくり少しづつUPしていきますのでどうかお付き合いください。

 

 

旅行を決めて航空券を取った4日後、6月7日にイスタンブールでテロがありました。

いや…二ヶ月に一回ぐらいテロがあるのは知ってたんだけど…(その前は4月にブルサ)

どうしようかと思いましたが、トルコのテロはISとかじゃなくて政府に対してのものが多いし!

集会とか政治的なところとかに近寄らなければ大丈夫じゃ…!

と、せっかくなので行く事にしました。

ただちょっと怖かったので、

都会のイスタンブールの滞在を1日減らしてその代わりカッパドキアの滞在を増やしました。

ISがラマダン中に活動を活発化させる、って声明も出してるみたいだったのも気になったし。

 

 

 

イスタンブールに着いて思ったことですが、

日本で災害などあった後は自粛ムードになりますが、そんな感じではなく

ラマダンの時期で公園や街中は人でいっぱいで毎日お祭りと花見を混ぜたような人出でした。

テロはあるけど、みんな普通に日常を送っていて全く別の世界の出来事のような印象さえ受けました。

でも空港のテロの後やクーデターの後の雰囲気はわかりません。

 

 

 

 

いつも旅行に行くと何かしらトラブルに見舞われるのですが、

今回は落としたり無くしたり忘れたりも無く!!迷うことも無く!!

最大のトラブルは行く前に日本で。

 

19日 0:30 頃出発の便だったのですが、

すっかり 19日の夜って思っていました。

よくよく考えたら 18日の夜じゃーー!!

普通に18日は友人と買い物してランチしてたので(友人はひどいぐらい爆笑)

ひええええー!と焦って帰宅して掃除して食材の整理してお風呂入って早めに出発。

よく気がついた!私!

19日昼間は仕事できるかも〜なんて思ってたけどそんな時間など無かった!

そんなバタバタな出発でしたが無事に行って帰ってくることが出来ましたー。

 

なかなか旅行の話にたどり着けない…

 

 

 

<初日のスケジュール>

 

羽田

 

↓ カタール航空(大好き!機内の安全ビデオも面白いです)

 

ドーハ (私は時間がありませんでしたが、トランジット客用の

     カタール航空の1日ドーハ市内観光とかタダであります)

 

↓ カタール航空

 

イスタンブール

 

↓ トルコ航空

 

カイセリ

 

↓ シャトルバス(一時間ぐらいかかる)

 

カッパドキア

 

※何時間待って何時間移動してたかは考えないようにした。

 

 

 

 

 

 

<Wi−Fi>

ドーハはフリーWi-Fiがあったけどイスタンブールアタチュルク空港は無かったので待ち時間暇。

私は普段SIMフリースマホなので海外でネットが使えません。

向こうのSIM入れようかと思ったけど、ホテルとカフェのWi−Fiだけでなんとかしました。

なんとかなる!!

解らないことは周りの人に聞く!!

 

 

 

<イスタンブール→カイセリ>

ネヴシェヒル空港の方がカッパドキアに近いけどカイセリの方が本数があるので。

あと安かった。往復で¥7000!!

しくじりポイントは、航空券とってからテロが起きてしまって

帰りの飛行機を1日ずらそうと思ったんだけど安チケットだったので変更できず。

追加 100TLで次の日のエアチケットも購入。ギリギリだったのでこっちはちょっと高い。

だけどフライト3便トータルで 約10700円です(日本では考えられない…!)

 

イスタンブール国内線ターミナルは国際線到着出口から空港内を出ずに左へ。

ガラスの通路を通って道なりに行くと付きます。

国内線ターミナルは小さいです。(時間を持て余す)

テロがあった国際線ターミナルとはそこそこ離れています。

 

 

 

<カイセリ→カッパドキア>

結構離れています。

一時間ぐらいバスに乗って向かいます。

このサイトでシャトルバスを予約。(25TL バスの運転手に手渡し)

http://www.cappadociaexclusive.com/shuttle.html

 

 

 

<ホテル着>

ギョレメの高い場所にある洞窟ホテルを予約しました。

(ギョレメ市内はすり鉢状になっていて中心部が一番低い場所にある)

若いお兄ちゃんに(こいつが実は曲者で…!)いろんなツアーを勧められる。

Red Tour、Green Tour、は日本で予約するツアーより安かったけど

気球ツアーは高かった。

まぁしょうがない。

※日本語のツアーを日本で申し込んだのだけど、日本人観光客ががいないみたいでキャンセルになった。

 

気球代のお金を持っていなかったのでATMまで夜道を歩く。

夜中の街歩きは平気。20時ぐらいだったと思うけど。

 

行く前に不安だったのは、夜にホテルに着いて次の日のツアー予約が出来るかって事だったんだけど

問題なく朝方の気球ツアーの予約が出来た。

 

 

 

 

 

 

ギョレメ中に奇岩があるので街に着くともういたる所にあの岩があります。

テンションあがるー!!

 

初日はここまで。

移動だけの日でした…。

 

 

 

 

 

ホテルの裏山からギョレメ市内。手前の左の岩が泊まったホテル(多分)

奥はローズバレーかレッドバレー。どっちかわからーんw

 

 

 

 

 

 

| 旅行(トルコ)の事 | comments(0) | trackbacks(0) | posted by どんぐり - -
にほんブログ村 潰瘍性大腸炎
| 1/1 |